So-net無料ブログ作成

鳥越神社

昨日出かけようと思っていたのは、浅草橋の鳥越神社…お祭りとは知らなかったので、行かなくってよかった!!


 蔵前橋通りにある鳥越神社(台東区鳥越2)で6月10日・11日、例大祭「鳥越祭」が開催される
鳥越神社の宮神輿は千貫(約3750キロ)神輿(せんがんみこし)と称し、都内随一の重さを誇っています。日曜日には、この大神輿を氏子たちが担ぎ、御神輿の列の先頭には、猿田彦(天狗)や手古舞連、子供たちの持つ五色の旗が歩きます。夕刻、神輿の弓張提灯と町会の高張提灯に火が入ると、祭りは最高潮を迎えます。この宮入道中は、「鳥越の夜祭り」と言われ、荘厳かつ幻想的です。
宮入は観客も担ぎ手も大興奮

同神社のみこしは、町内の狭い道を多く曲がるため担ぎ棒が短いのが特徴。重さに対し担ぎ手が少なく、1人当たりの負担が大きいことから、みこし渡御(とぎょ)の難しさは都内でも随一とされる。



浅草橋は皮工芸をやっていたころはよく問屋街なので買い物に行きましたので、一人でも大丈夫でもお祭りは別,人出にもまれ歩けない???
懐かしい場所ですから、終わってから行きます・
コメント(3)